離婚・恋愛・子育ての相談とアドバイス
 

HOME | カウンセラーからのアドバイス | 離婚をする際の方法やもめた場合の対応方法を知っておこう

離婚をする際の方法やもめた場合の対応方法を知っておこう

離婚する方法は?離婚の仕方について
 

離婚する方法は?離婚の仕方について

パートナーとこれ以上一緒にいたくない、別れを選択しているカップルも最近では多いですね。離婚に至るまでには様々な原因や理由があるでしょうが、最後まで揉めに揉めて、泥沼離婚を避けるためにも離婚の方法などを知っておきたいですね。離婚すると決めて、お互いが納得すれば簡単に離婚する事が可能です。これを法律的には協議離婚と言い、カップルの9割がこの協議離婚で済みます。円満離婚といったりもしますが、その中でも約束事や子供がいる場合は子育てについての金銭面での話し合いはきちんと行っておきましょう。また夫婦では感情的になりすぎて話し合いにならない場合は調停離婚といって、調停委員が家庭裁判所から来て間に入ります。全体の離婚の方法のうち、約9パーセントが調停離婚になります。それでも中々難しい離婚のケースでは審判離婚や裁判離婚といった、離婚の判断を家庭裁判所が行うというケースがあります。裁判離婚は、片一方が納得いっていないという場合に家庭裁判所に申し込んで、どちらの意見が正しいのか第3者に判断してもらう方法になります。
 

離婚でもめたらどうする?対応ついて

離婚したい理由は様々ですが、どちらかが離婚したくないと言い張ってしまえば離婚で揉める結果となります。離婚したくないという人には、体裁を守りたい、仕事場での目が気になる、また子供と離れたくないという理由や金銭的に苦しくなるからといった理由があります。離婚話で揉めたら、第3者である弁護士に相談する対処法が一般的です。第3者である専門家に委ねる時は離婚したい理由を明確にしておく必要があります。ただ、何となくではよく話し合った方が良いという事でおさめられてしまうケースもあります。

離婚の原因となる証拠は集めておく

離婚話しで揉めないためにも、自分がなぜ離婚したいのか理由をはっきりさせておく必要があります。例えば浮気や不倫といった理由があるのであれば、きちんとした証拠や裏付けとなる相手の認める発言を録音しておくと、スムーズに事が運びます。また離婚後の慰謝料や財産分与、子供がいる場合は養育費や親権はどちらが持つかなど、簡単なものでも構わないため書面にすると分かりやすいでしょう。慰謝料については離婚の原因が相手にある場合、中々当事者が金額などを判断するのは難しいため、話し合いで決まらない時は専門家に相談するのが早いでしょう。財産をほとんど相手に支払い、慰謝料として認めてもらうケースもあります。
 

離婚・恋愛・子育てのアドバイス事例


ケアストレスカウンセラーとはケアストレスカウンセラーとは

ケアストレスカウンセラーとは

 
ケアストレスカウンセラーご予約方法ケアストレスカウンセラーご予約方法

ご予約方法

ケアストレスカウンセラーコース・料金ケアストレスカウンセラーコース・料金

コース・料金


ケアストレスカウンセラーのアライブからのお願い

■お電話に出られない事もありますので、折返しの電話が可能な方は、その旨をメッセージにお残し下さい。後ほど、ご連絡させて頂きます。 
■カウンセリングご希望の方は、下記のカウンセリングご相談フォームよりお問い合わせください。
■一旦ご入金いただいた後は返金できません。
■相談日時の変更は無料で承りますが、コース変更により不足金が生じた場合は差額を申し受けます。
■銀行の振込明細をもって領収書に代えさせていただきます。明細書は大切に保管してください。
■ご相談者様と振込名義人のお名前が異なる場合は、お手数ですがご一報下さい。
■クレジットカードによるお支払いはお受けしておりません。
■ご相談が規定の時間より早く終了された場合でも、残り時間分のご返金はできません。

 

下記事項に該当する方はお断りしています

■18歳未満の方(保護者からの申込み可)
■借金に関する悩み事の相談
■法に触れる可能性がある悩み事の相談
■お振込みが遅れるという前提の方
■予約後に連絡なしにキャンセルされた方
■いたずら目的のお話し
■営業活動が目的の方


女性のためのカウンセリング-アライブ
女性のためのカウンセリング-アライブ

 
女性のためのカウンセリングアライブお問い合わせフォーム
 
 
女性のためのカウンセリングアライブご相談フォーム