離婚・恋愛・子育ての相談とアドバイス
 

HOME | カウンセラーからのアドバイス | 子育て中にイライラしたりストレスを溜め込まない方法と対策

子育て中にイライラしたりストレスを溜め込まない方法と対策

子育てをしていると、思い通りにいかない事の連続、自分の時間は皆無、ゆっくり食事や買い物を楽しむ事ができないなど日常茶飯事ですね。ただストレスが溜まってしまっては、子供にとっても親にとっても良い事はありません。普段からストレスを溜めない子育て法を実践していきましょう。

 

子育て中にイライラしたりストレスを溜め込まない方法と対策
 

完璧を求めないようにする

子供が5歳なら親も親としては5歳です。自分が子供だと仮定して、全てが完璧な親と、失敗談を話してくれるおっちょこちょいな親だったらどちらが好きな親でしょう。多くの人が後者と答えるのではないでしょうか。そもそも子供は親に完璧を求めてはいません。見本であらなければならないのは確かにそうですが、子育てを完璧に行おうと力むと、必ず返しがやってきます。体調がしんどい時は無理にご飯を作らなくても、1日くらい子供をお風呂に入れなくても構いません。離乳食など作るのが大変な時には市販のものでも良いのです。手抜きをできるところは手を抜いて、少しくらいアバウトに考えるとストレスが軽減されます。また子育てが人生の全てではないと考え、自分の趣味を楽しむ事に負い目を感じる必要はありません。
 
 
 
 

子育てに正解はない

子育てをする時に、本や人の意見、ネットなどの情報が全て合っていると思いがちですが、周りの情報は参考として聞いておくと良いです。子供が10人いれば10通りの正解があり、子供に応じた子育ての仕方を親が学んで行けば良いのです。家庭の事情や自分の子育てに関する考え方、色々な事が違うので、あまり神経質になってはいけません。またこうしなければならないという気持ちの強い人は、何でも1人でやってしまいがちです。自分の親など頼れる所は頼って、散歩や買い物を楽しんでリフレッシュする事もおすすめです。
 
 

他人と比較するのをやめる

何故、自分の子供は人とは違うのだろうと他人の子と比較してしまう事もストレスに繋がります。特に子供の年齢が小さいと早く歩く、早く言葉を発するのが良いとされるのは必ずしも良い事とは限りません。例えばご飯を人より食べないせいで、子供が平均体重よりも下回る時、他人の子供と比較して焦る時がありますね。しかしその子の持った食べる量がそれで丁度良く、成長がゆっくりとしたペースなだけの場合もあります。焦りはそれがストレスや怒りとなって、何故できないのだと子供に向けてしまう場合もあります。勉強が苦手な子供だったとしても、苦手な部分ばかりをケアするのではなく、良い部分や長所に目を向けて褒めて伸ばす方が親としてもストレスがたまりません。
 
叱る時によくあるケースが、ダメと叱る時です。これをしてはいけない、のではなくお母さんは何をして欲しいのか、を伝える事も子供には伝わりやすいのです。例えば走ってはいけない、ではなくそこでは歩いてね。このような言い換えです。感情的になっていると、ダメと言いたくなりますが、子供は何がダメなのか分からないという事もあります。
 
 

離婚・恋愛・子育てのアドバイス事例


ケアストレスカウンセラーとはケアストレスカウンセラーとは

ケアストレスカウンセラーとは

 
ケアストレスカウンセラーご予約方法ケアストレスカウンセラーご予約方法

ご予約方法

ケアストレスカウンセラーコース・料金ケアストレスカウンセラーコース・料金

コース・料金


ケアストレスカウンセラーのアライブからのお願い

■お電話に出られない事もありますので、折返しの電話が可能な方は、その旨をメッセージにお残し下さい。後ほど、ご連絡させて頂きます。 
■カウンセリングご希望の方は、下記のカウンセリングご相談フォームよりお問い合わせください。
■一旦ご入金いただいた後は返金できません。
■相談日時の変更は無料で承りますが、コース変更により不足金が生じた場合は差額を申し受けます。
■銀行の振込明細をもって領収書に代えさせていただきます。明細書は大切に保管してください。
■ご相談者様と振込名義人のお名前が異なる場合は、お手数ですがご一報下さい。
■クレジットカードによるお支払いはお受けしておりません。
■ご相談が規定の時間より早く終了された場合でも、残り時間分のご返金はできません。

 

下記事項に該当する方はお断りしています

■18歳未満の方(保護者からの申込み可)
■借金に関する悩み事の相談
■法に触れる可能性がある悩み事の相談
■お振込みが遅れるという前提の方
■予約後に連絡なしにキャンセルされた方
■いたずら目的のお話し
■営業活動が目的の方


女性のためのカウンセリング-アライブ
女性のためのカウンセリング-アライブ

 
女性のためのカウンセリングアライブお問い合わせフォーム
 
 
女性のためのカウンセリングアライブご相談フォーム