養育費とは?金額は?|離婚に関するよくある質問と素朴な疑問
 

HOME | 離婚に関する素朴な疑問 | 慰謝料とは?

離婚の慰謝料に関する素朴な疑問

Q.慰謝料とは

A.慰謝料とは相手方の不法行為によって、離婚をやむなくされることへの心の痛み、精神的苦痛を和らげて回復する為に支払われるものであり、精神的苦痛に対する損害賠償請求のことをいいます。いつでも相手に請求できるものではなく、離婚についてどちらの責任が重いのかが重要になってきます。

 
パートナーが浮気をしていた場合の離婚時に発生する慰謝料は精神的苦痛を受けた配偶者がこの浮気をしたパートナーに対して求める損害賠償金と、配偶者としての地位を失う事に対する精神的苦痛に対する損害賠償金になります。夫婦関係が既に破綻している状態のまま配偶者以外の方との肉体関係をもったとしても不貞行為にならない可能性があります。 

Q.慰謝料に相場はあるのですか?

A.慰謝料は、「物を壊したのでその物の時価を弁償する」といった、財産的損害に対する損害賠償金とは異なり、ただちに金銭に換算できず、同じ出来事でも人によって受け止め方が違うため、適正金額を算定することは一般に難しいものです。

 
パートナーが浮気をしていた場合の離婚時に発生する慰謝料は精神的苦痛を受けた配偶者がこの浮気をしたパートナーに対して求める損害賠償金と、配偶者としての地位を失う事に対する精神的苦痛に対する損害賠償金になります。夫婦関係が既に破綻している状態のまま配偶者以外の方との肉体関係をもったとしても不貞行為にならない可能性があります。

慰謝料と聞くと数千万円貰えるとなかには考えている方がいますが、それは芸能人の見栄や話題作りの為であって実際は1千万を超えるものはほとんどありません。同じ不法行為があったにもかかわらず、被害者によって金額が変わってしまっては、不公平になりかねません。そこで、裁判所における調停や訴訟では、いわゆる「相場」のようなものが一応存在するとされています。おおよその判断としては謝料は300万円前後が多いようです。個別の事例として捉えることが大切です。300万円 位から多くて500万円位までと考えたほうが無難です。
 
しかしながら、夫婦関係が崩壊したあとでは慰謝料の請求は認められません。また浮気相手にも共同不法行為という形で慰謝料の請求が出来ます。この金額に関しても相手の収入や財産などの要素によって変化してきます。一般的に言われているは100万円から200万円が多い ようです。

Q.第三者への慰謝料請求は?

A.配偶者が不貞行為を働いた場合、不貞の相手は苦痛を味わったその相手の配偶者に対して責任を取らなければなりません。被害者は不貞の相手に対して、それが原因で婚姻関係が破綻し、精神的にも苦痛を味わったことへの慰謝料として損害賠償を請求できます。
 
判例では「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、故意または過失がある限り右配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか、両名の関係が自然の愛情によって生じたかどうかに関わらず、他方の配偶者の夫又は妻としての権利を侵害し、その行為は違法性を帯び、右他方の配偶者が被った精神面の苦痛を慰謝すべき義務がある」としています。

Q.慰謝料が認められるのはどのような場合ですか?

A.典型的なのは、相手方に「不貞」があった場合で、離婚原因の中で最も件数が多いものです。慰謝料の相場は「100万~300万円」とされていますが、訴訟の場合は、以下の要素などを踏まえて判断されます。

・婚姻期間
・不貞をした相手方の経済力
・不貞の違法性の程度(不貞期間、不貞相手の人数、頻度、発覚後の態度など)
・未成年の子どもの有無

次に、相手方による「暴力(DV)」があった場合にも慰謝料が認められます。訴訟で考慮される要素には以下のようなものがあります。
 
・婚姻期間
・傷害の程度
・暴力の頻度
 
なお、最近耳にすることが増えた「モラルハラスメント(モラハラ=精神的虐待)」については、事例そのものが少ないこともあり、一般には認められないか、認められても非常に低額になる傾向にあります。そもそも、民法770条に規定される法律上の離婚原因(「配偶者の不貞行為」「配偶者による悪意の遺棄」「配偶者の3年以上の生死不明」「回復の見込みのない強度の精神病」「その他婚姻を継続しがたい重大な事由」)がない限り、離婚には相手方の同意が必要となるため、「性格の不一致」やそれに起因するケンカなどについては原則、慰謝料は認められません。

Q.慰謝料を請求するにはどうしたらいいのですか?

A.当事者間で話し合うのが一般的です。一般的な慰謝料の相場に相手方が同意すれば、その内容を「離婚協議書」に明記しておくとよいでしょう。当事者同士の話し合いで同意しさえすれば、例えば、モラハラを理由に慰謝料が支払われることもありますし、金額についても同意があれば、相場に縛られる必要はありません。

ただし、相場を上回る慰謝料を支払うことに同意する人は一般に少なく、金額について折り合いがつかなければ、家庭裁判所に調停を申し立てることになります。しかし、調停も相手方の同意が必要となるため、話し合いがつかない場合は、訴訟手続きに進むことになります。

慰謝料について気になる方は、下記、「カウンセリングご相談フォーム」まで、お問い合わせください。

離婚に関するよくある質問と素朴な疑問


ケアストレスカウンセラーとはケアストレスカウンセラーとは

ケアストレスカウンセラーとは

 
ケアストレスカウンセラーご予約方法ケアストレスカウンセラーご予約方法

ご予約方法

ケアストレスカウンセラーコース・料金ケアストレスカウンセラーコース・料金

コース・料金


ケアストレスカウンセラーのアライブからのお願い

■お電話に出られない事もありますので、折返しの電話が可能な方は、その旨をメッセージにお残し下さい。後ほど、ご連絡させて頂きます。 
■カウンセリングご希望の方は、下記のカウンセリングご相談フォームよりお問い合わせください。
■一旦ご入金いただいた後は返金できません。
■相談日時の変更は無料で承りますが、コース変更により不足金が生じた場合は差額を申し受けます。
■銀行の振込明細をもって領収書に代えさせていただきます。明細書は大切に保管してください。
■ご相談者様と振込名義人のお名前が異なる場合は、お手数ですがご一報下さい。
■クレジットカードによるお支払いはお受けしておりません。
■ご相談が規定の時間より早く終了された場合でも、残り時間分のご返金はできません。

 

下記事項に該当する方はお断りしています

■18歳未満の方(保護者からの申込み可)
■借金に関する悩み事の相談
■法に触れる可能性がある悩み事の相談
■お振込みが遅れるという前提の方
■予約後に連絡なしにキャンセルされた方
■いたずら目的のお話し
■営業活動が目的の方


女性のためのカウンセリング-アライブ
女性のためのカウンセリング-アライブ

 
女性のためのカウンセリングアライブお問い合わせフォーム
 
 
女性のためのカウンセリングアライブご相談フォーム